資料請求・お問い合わせ

CSR + CSV

Corporate Social Responsibility + Creating Shared Value

CSR + CSV 社会貢献活動 + 共通価値の創造
トーケミの重要な企業活動として社会問題を解決することとする。
つまりトーケミの持つ人財・製品・スキル・専門知識などを提供しつつ、
事業活動として利益を得ながら、社会問題を解決し、社会とトーケミの
双方がその事業により共通の価値を生み出していきたいと考えます。

すべての人に健康と福祉を

JICAのプロジェクトに協力し、海外の国へ水浄化の提案を行い、全ての人が健康に暮らせる技術を提案します。

エネルギーをみんなに
そしてクリーンに

自社メガソーラーの運用を行い、
クリーンエネルギーの利用を推進します。

安全な水とトイレを世界中に

水を供給するインフラ整備を行い、
環境に負担を与えない水管理とサポートを行います。

海の豊かさを守ろう

水に関わる企業として国内外を問わず、
生活・産業に関わる設備と利用技術を提案します。

JICA 日本経済支援プロジェクト

ラオス社会民主共和国ボリカムサイ県パクサン市にて新しい浄水場のオープニングセレモニーが開催され、この式典には日本・ラオス国から大勢の方々が参加し、盛大に催されました。
トーケミ製 高濁度対応型浄水装置(1000m3/日:約6600人相当) ラオスにて水道水供給装置として稼働開始

(参加された方々の代表)
・ボリカムサイ県知事 コーンケオ・サイソンカム閣下
・公共事業運輸副大臣 ビエンサワット・シーパンドン閣下
・公共事業運輸局都市計画局 カムタビィ・タイパチェン局長
・公共事業運輸省水道局 ポンマ・ヴェオラバーン局長
・駐ラオス日本大使館 引原 毅 全権委任大使
・JICAラオス事務所 村上 雄祐 所長
総勢:約100名

太陽光発電への取り組み

地球温暖化により、私たちの周りも様々な気候の変化が起きており、集中豪雨や竜巻など、多くの自然災害が発生しています。弊社は太陽光発電によるクリーンエネルギーの創出により、地球温暖化の原因といわれるCO2の排出抑制に協力しています。
今後も、地球環境保護のため、弊社にできることを積極的に行い、環境保全に取り組んで参ります。

災害時の応急復旧支援

2016年の熊本地震発生後の支援活動として膜処理装置(アクティサプライフィルター)を設置しました。 地震後の水道水の濁度障害(にごり)に対応するもので、1台あたり1日48㎥の生活用水を配給しました。

停電で送水ポンプが停止していても高所の給水槽があれば生活用水を確保することができるので、今後もDCP(地域継続計画)対策、 災害時に使える水源としてお役立ていただけるよう、災害用緊急給水用膜ろ過器(アクティサプライフィルターを)普及させていきます。

技術相談サービス

各種製品、サービスに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

ろ過材及び水処理装置に関する質問は折り返し連絡させて頂く場合が
ありますのでご了承下さい。

0120-961-212

受付時間:平日9時~12時、13時~17時30分
FAXでのご相談は、06-6301-3390(技術部直通)までお願いします。