資料請求・お問い合わせ

よくあるご質問

FAQ

ろ過材・ろ過膜

ろ材を永久に使用することはできますか?

運転中のろ過池で行う「逆洗」では物理的に付着物を除去します。しかしながら長期的な使用で強固に付着した付着物や、マンガンやアルミニウムなどの凝着物、マッドボールを逆洗で除去することができません。
トーケミでは使用中のろ材をサンプリングし、汚染度(洗浄濁度、付着物、凝着物等)や劣化度(粒度分布)の試験を行わせていただきますので、交換の必要性の有無を判断していただくことができます。

すぐにろ過材の手配は可能ですか?

弊社では標準製品の在庫を十分に確保しておりますので、運送の最短条件での納入可能です。
お急ぎでも、ろ過材と工事の一括手配も可能ですので、ご相談に乗ります。
国内随一のラインナップであらゆるニーズに対応します。

ろ層調査ってなんですか?どの位の頻度で実施するものですか?

現在ご使用のろ過池のろ層の状態を調査することです。「ろ層厚の高さ測定」「サンプリング・ろ材分析」「ろ過砂利の不陸調査」等があります。日本水道協会発行の「水道維持管理指針」では、1~3年に1回実施することが望ましいされています。

ろ過池の上からでは点検できない表洗管の点検方法は?

洗浄工事・入替工事の施工時に表洗管のノズルの穴の詰まりが無いかを点検します。偏った表洗水の噴射や、回転方式の表洗管の回転不良があると、ろ層がえぐれ、ろ材流出につながるため丁寧に点検し、洗浄、補修をします。

ろ過池(ろ過器)の更生工事や入替工事を実施するときに、ろ材以外のメンテナンスはどうするの?

通常の運転時には見る事のできない内面やろ床の点検を行って、破損箇所の補修や防水・防食塗装を施します。また、表洗管等の内部装置も点検、清掃します。

パレットの仕様

仕様
1000L×1100W×110H / 上板・1100×120×20・7枚 / 桁・1000×45×90・3本 (使用材・松材)

注意点
●荷役専用の機具を使用してください(フォークリフト・ハンドリフト等)
●積載荷重は、はい積みで700~800kgが目安となっております
●ワイヤーロープやベルトで直接吊り上げたりはしないでください

フレコンBAG取り扱い上の注意

●荷役作業時は、絶対にBAGの下に入らない様にし、吊上げ、運搬時には急激な作業を避け、ゆっくりと静かに行って下さい。
●吊ベルトをBAGの中央に集め、Jフックで均等になるように吊上げて下さい。Jフックは、角が無く、良く研磨されたものを使用ください。
●構内の作業には、パレットを使用し、フォークリフトの爪等で吊ったままのBAGを振りながらの運搬はやめてください。
●品物を充填したBAGを引きずり、ロープの片吊、横積み、あるいは横倒しするような作業は厳禁です。
●屋外の野積み保管にはBAGの下にはパレットを敷き、必ず不透明のシートをかけて太陽光線を遮断してください。
●ポリエチレン、ポリプロピレン製のシートでは70℃~80℃以上になると急激な強度低下をきたしますので、必ず常温で使用願います。

※使用済みBAGの処分は貴方にてお願いします。
※当BAGの破損等の事故については、当方では、一切責任を負いかねます。

ろ過材の出荷に伴う、車両に関する注意事項は?

※10トン車の最大積載量は、規定 標準目安積載:9.75トン未満
※増トン車の最大積載量は、規定 標準目安積載:13.75トン未満
※全長12m 荷台長9m 車幅2.5m 車高3.2m 【平均的な例です】
※天井がオープンなのでレッカー作業が可能です
※フレコンBAG及び簡易パレットの平置きでの積込可能数は16本/枚

※10トン車の最大積載量は、規定 標準目安積載:9.75トン未満
※増トン車の最大積載量は、規定 標準目安積載:13.75トン未満
※全長12m 荷台長9m 車幅2.5m 車高3.7m ウイング開口高さ4.9m 【平均的な例です】
※天井がクローズなのでレッカー作業は不可です
※パレットの荷扱いにはフォークリフトを使用してください
※フレコンBAG(パレット積み)及び簡易パレットの平置きでの積込可能数は16本/枚

※4トン車の最大積載量は、規定 標準目安積載:3.75トン未満
※全長8m 荷台長6m 車幅2.35m 車高2.9m 【平均的な例です】
※天井がオープンなのでレッカー作業が可能です
※フレコンBAG及び簡易パレットの平置きでの積込可能数は10本/枚

※4トン車の最大積載量は、規定 標準目安積載:3.1トン未満
※全長8.2m 荷台長6m 車幅2.35m 車高3.5m ウイング開口高さ4.6m 【平均的な例です】
※天井がクローズなのでレッカー作業は不可です
※フレコンBAG(パレット積み)及び簡易パレットの平置きでの積込可能数は10本/枚

※2トン車の最大積載量は、規定 標準目安積載:2トン未満
※全長5.2m 荷台長3.6m 車幅1.7m 車高2.15m 【平均的な例です】
※天井がオープンなのでレッカー作業が可能です
※フレコンBAG及び簡易パレットの平置きでの積込可能数は3本/枚

※10トンダンプ車の最大積載量は、規定 標準目安積載:9.5トン未満
※全長7.7m 荷台長5.3m 車幅2.5m 車高3.4m 【平均的な例です】
※天井がオープンなのでレッカー作業が可能です パレット不可
※フレコンBAG平置きでの積込可能数は8本/枚

※20トントレーラー車の最大積載量は、規定 標準目安積載:20トン未満
※全長16.2m 荷台長12.5m 車幅2.5m 車高3.2m 【平均的な例です】
※天井がオープンなのでレッカー作業が可能です
※フレコンBAG及び簡易パレットの平置きでの積込可能数は22本/枚

ろ材を抜いた際の、ろ床は点検方法は?

ろ床には様々なタイプがありますが、基本的に集水孔の目詰まりを点検します。さらに、有孔ブロックやストレーナーの破損の有無やブロック目地の劣化の有無を点検し、適切に補修します。またろ過器の場合には、ストレーナーや集水管を交換する場合もあります。

ろ過池やろ過器の内面の点検方法は?

内面はろ材を抜かなければ点検できません。ろ材に問題が無くても、ろ過池の壁面に破損があり、漏水しているケースもあります。
入替時には壁面も点検し、適切に補修します。ろ材更生は約10年間隔で実施されることが多く、この機会に全面的な防水・防食塗装を合わせて実施する事をお奨めします。

地下水を使いたいのですが、どのように処理すればよいのでようか。

地下水も水質によって様々な処理方法があります。「問い合わせフォーム」からご連絡先を明記のうえ、問い合わせ窓口にご連絡ください。

ろ過砂利層を整備して不陸状態は改善されたけど、またすぐ不陸になるか心配です。

定期的なろ層調査で確認していく必要があります。不陸を抑える不陸防止ネットを敷設するのも有効な手段です。
ろ過砂利層を敷き均した後、最も流動しやすい最小粒径のろ過砂利の上にSUS製ネットを敷設する事で不陸発生を抑制できます。

既存の除鉄・除マンガンろ材と違うメーカのろ過材と入れ替えても大丈夫?

トップメーカーとして豊富な製品のラインナップから、原水に最適なろ材を選定します。
自社・他社を問わず、どのようなろ過材との交換にも対応し、また必要に応じて既存との比較テストも可能です。

逆洗してもろ過性能が回復しない時はどうするの?

原因としては、逆洗で取り切れない付着物によって粒径が大きくなったことが想定されます。逆洗では回復できないため、ろ材を全量交換します。

●特長
ろ材を全量交換するため新設時の状態(粒径等)に戻すことができます。
また、原水質が変化したときなどはろ材の構成を変えて、対処する事もできます。
洗浄に比べ短工期で復旧するため洗浄水や洗浄排水の処理も不要です。

●メーカー推奨の入替目安
・逆洗してもろ高が充分下がらないとき
・新設時から10年が経過。
・1度洗浄工事を実施し、2度目のろ層更新時。

ろ層を更生したいが、産業廃棄物も減らしたい。使用したろ材は再利用できますか?

再利用できます。浄水場内に洗浄プラントを持ち込み、使用中のろ材を洗浄・篩い分けをして再利用します。特徴としては、リサイクルのため産業廃棄物を少なくでき、浄水場内で施工するため、場外運搬費はかからずコストを抑えられます。大規模な浄水場ではコスト的に最適な方法です。

ろ過池のメンテナンスはどうすればいいですか?

ろ層調査結果によりろ材の洗浄や入替・補充、ろ過砂利層の不陸を改善してろ層を良好な状態に保ちます。なお、日本水道協会発行の水道維持管理指針でも「ろ層調査の結果からろ層の状態の長期的な推移を推定し、定期的にろ層整備を実施することが肝要である。」としています。

ろ材の調査結果はどんなふうにまとめてくれますか?

ろ層厚の高さやろ材分析値を表にし、不陸調査は3Dグラフを利用して視覚的にもわかりやすくまとめ報告します。

  • ろ層厚の高さ測定 (報告例)
  • ろ材分析 (報告例)
  • ろ過砂利の不陸調査 (報告例)

ろ過池の中のろ材の状況は確認できる?

不陸調査を実施しろ過砂利の状態を確認します。ろ過砂利の不陸が進行すると、ろ材が処理水側に流出する事故や処理水質悪化の原因になります。

運転中のろ過池は、 ろ材が少なくなることはない?

使用中のろ過池では、長年の逆洗で、細かいろ材が流出しろ材量が減少します。ろ層が薄くなると、ろ過の精度が下がり、処理水質悪化の原因となります。
弊社では、ろ層厚の高さ測定を実施し、補砂などの計画に御協力します。

SDSはありますか?

ございます。『お問合せフォーム』より製品名を明記の上、ご要望ください

ケミカルポンプ

保証期間はどのくらいでしょうか?

保証期間はお買い上げの日から1年間となります。保証期間中に、正常なご使用にも関わらず当社の設計・製作上の不備により故障や破損が発生した場合は、故障または破損個所を無償で修理させて頂きます。また、保証期間内であっても使用上の不注意や、自然災害等による事故・破損につきましては保証外とさせて頂きます。

メンテナンスの依頼は可能ですか?

メンテナンスは対応可能です。お近くの営業所に型式・製造番号を連絡お願い致します。仕様確認の上お打ち合わせに訪問させて頂きます。

テスト機・デモ機はございますか?

お近くの営業所に問い合わせお願いします。別途貸し出し費用、送料をお願いする事がありますのでご了承お願い致します。

代理店を紹介してほしいのですが。

お近くの営業所にお問い合わせお願い致します。代理店を紹介させて頂きます。

水処理装置

すぐにろ過材の手配は可能ですか?

弊社では標準製品の在庫を十分に確保しておりますので、運送の最短条件での納入可能です。
お急ぎでも、ろ過材と工事の一括手配も可能ですので、ご相談に乗ります。
国内随一のラインナップであらゆるニーズに対応します。

保証期間はどのくらいでしょうか?

保証期間はお買い上げの日から1年間となります。保証期間中に、正常なご使用にも関わらず当社の設計・製作上の不備により故障や破損が発生した場合は、故障または破損個所を無償で修理させて頂きます。また、保証期間内であっても使用上の不注意や、自然災害等による事故・破損につきましては保証外とさせて頂きます。

ろ過池(ろ過器)の更生工事や入替工事を実施するときに、ろ材以外のメンテナンスはどうするの?

通常の運転時には見る事のできない内面やろ床の点検を行って、破損箇所の補修や防水・防食塗装を施します。また、表洗管等の内部装置も点検、清掃します。

ろ過池やろ過器の内面の点検方法は?

内面はろ材を抜かなければ点検できません。ろ材に問題が無くても、ろ過池の壁面に破損があり、漏水しているケースもあります。
入替時には壁面も点検し、適切に補修します。ろ材更生は約10年間隔で実施されることが多く、この機会に全面的な防水・防食塗装を合わせて実施する事をお奨めします。

ろ過砂利層を整備して不陸状態は改善されたけど、またすぐ不陸になるか心配です。

定期的なろ層調査で確認していく必要があります。不陸を抑える不陸防止ネットを敷設するのも有効な手段です。
ろ過砂利層を敷き均した後、最も流動しやすい最小粒径のろ過砂利の上にSUS製ネットを敷設する事で不陸発生を抑制できます。

既存の除鉄・除マンガンろ材と違うメーカのろ過材と入れ替えても大丈夫?

トップメーカーとして豊富な製品のラインナップから、原水に最適なろ材を選定します。
自社・他社を問わず、どのようなろ過材との交換にも対応し、また必要に応じて既存との比較テストも可能です。

リース契約は可能ですか?

申し訳ございませんが、リース契約は承っておりません。

ユニット装置

保証期間はどのくらいでしょうか?

保証期間はお買い上げの日から1年間となります。保証期間中に、正常なご使用にも関わらず当社の設計・製作上の不備により故障や破損が発生した場合は、故障または破損個所を無償で修理させて頂きます。また、保証期間内であっても使用上の不注意や、自然災害等による事故・破損につきましては保証外とさせて頂きます。

テスト機・デモ機はございますか?

お近くの営業所に問い合わせお願いします。別途貸し出し費用、送料をお願いする事がありますのでご了承お願い致します。

中和装置について、防液堤の設置の判断基準と関連法規がありましたらをお教えください。

防液堤について場外にそのまま流出する可能性がある場合、設置することをご案内しております。各機器の補修や交換頻度については、材質や年数、設置場所等によりことなるので購入した会社にお問い合わせ頂くようにお願いいたします。

水質計・センサー

保証期間はどのくらいでしょうか?

保証期間はお買い上げの日から1年間となります。保証期間中に、正常なご使用にも関わらず当社の設計・製作上の不備により故障や破損が発生した場合は、故障または破損個所を無償で修理させて頂きます。また、保証期間内であっても使用上の不注意や、自然災害等による事故・破損につきましては保証外とさせて頂きます。

メンテナンスの依頼は可能ですか?

メンテナンスは対応可能です。お近くの営業所に型式・製造番号を連絡お願い致します。仕様確認の上お打ち合わせに訪問させて頂きます。

テスト機・デモ機はございますか?

お近くの営業所に問い合わせお願いします。別途貸し出し費用、送料をお願いする事がありますのでご了承お願い致します。

フッ素の測定は可能ですか?

pHの値が5.5~8.5の範囲であれば、センサーで「フッ素」=フッ化物イオン(F-)の測定が可能です。

pH校正液の使用期限はありますか?

弊社の校正液には期限についての記載はありませんが、開封から3ヶ月以内での使用と、未開封でも冷暗所に保存している場合に限り1年間は使用可能としております。またビーカーなどに取って一度使用した標準液は元に戻さずに使い捨てとして下さい。常に新しい標準液をご使用下さい。

pHセンサをpH計につなげると、pH14.0と表示されて点滅してしまいました。

接続ミスが考えられます。G(ガラス電極)端子とR(比較電極)端子が逆になっている、またはG端子がGnd(接地アース)端子に接続されているなど。その他の要因としましては、G端子の断線やpH専用延長ケーブルの端末処理不備などが考えられます。またpH専用延長ケーブル以外の一般的なシールドケーブルをご使用されますとpH測定信号の伝送に影響が出て、表記のような状態になる場合がありますので、センサーケーブル延長の際には必ずpH専用延長ケーブルと専用中継ボックスをご使用下さい。

pH電極浸漬型ホルダーは最長何mまで対応可能ですか?

標準2mまでの対応としています。特殊対応として2m以上(2.5m以下)の製作は可能ですが、pH電極メンテナンス時などで取扱いが面倒となりますのでお奨めできません。

pH電極予備電極を購入しました。保管方法を教えてください。

pH電極は乾燥状態にあることが問題となりますので、工場出荷時に付いていますpH電極先端のゴムキャップ(黒)に十分な水(純水が望ましい)が入った状態で保管してください。

pH電極予備電極を購入しましたが、ゴムキャップシール部分から白い結晶がにじみ出ています。不良品ですか?

不良品ではありません。白い結晶はpH電極内部のKCL結晶です。新品の状態であってもpH電極の構造上、稀に少量のKCL内部液が流出し結晶化したものです。そのままご使用頂いて問題ありません。

pH電極/TP101型のKCL内部液が消耗してなくなりました。内部液の補充は可能ですか?

弊社ケミパック型pH電極/TP101型は内部液密閉型ですので、補充はできません。新たに予備電極を購入して頂き、pH電極を交換してください。

撹拌機・タンク

保証期間はどのくらいでしょうか?

保証期間はお買い上げの日から1年間となります。保証期間中に、正常なご使用にも関わらず当社の設計・製作上の不備により故障や破損が発生した場合は、故障または破損個所を無償で修理させて頂きます。また、保証期間内であっても使用上の不注意や、自然災害等による事故・破損につきましては保証外とさせて頂きます。

メンテナンスの依頼は可能ですか?

メンテナンスは対応可能です。お近くの営業所に型式・製造番号を連絡お願い致します。仕様確認の上お打ち合わせに訪問させて頂きます。

テスト機・デモ機はございますか?

お近くの営業所に問い合わせお願いします。別途貸し出し費用、送料をお願いする事がありますのでご了承お願い致します。

タンクに「医薬用劇物」を入れているのですが、「医薬用外劇物」の表示をすべきでしょうか。

毒劇法で定まっておりますので、医薬用外劇物の表示が必要です。また、所定の濃度・容量以上貯蔵する場合は消防法の適用を受けるので届出が必要になります。

タンク貯蔵可能薬品を教えてください。

お客様の要望に沿って対応出来る様検討し提案させて頂きます。詳しくはお近くの営業所にお問い合わせお願い致します。