資料請求・お問い合わせ

製品紹介

Product Introduction

ガンマX(高機能)

✔ 最新のソレノイド制御技術によるハイエンドモデル
 低脈動運転 & 高粘度運転モード
✔ 安全と環境を考慮
 ・圧力表示機能 (異常時停止)
 ・ダイヤフラム破損検知機能(オプション)
✔ デジタル表示パネルとクリックホィールの簡単操作
✔ 様々な機能と運転モードを標準装備
 ・外部連動運転
 ・マニュアル運転モード
 ・デジタル(パルス)運転モード
 ・アナログ入力運転モード
 ・タイマー運転モード
✔ 自動エア抜き機構対応

特長

●吐出量を「l / h」で簡単に調整可能なオートマチックモードを搭載
●高度なソレノイド制御で低脈動吐出や高粘度吸込に対応
●直感的な操作が可能なクリックホイール式 インターフェース
クリックホイールボタン
●ソレノイド負荷から仮想的に吐出圧力のモニタリングが可能
●制御比 1:2,000

仕様

吐出量 : 38.3~ 750.0 mL/min
吐出圧力 : ~ 1.6 MPa
吐出再現精度 : ±2% (メーカー推奨条件下ベース)
許容周囲温度/湿度 : -10~45℃ / 95%以下 (結露なきこと)
電源 : AC100~230V ±10% 50/60Hz
保護等級 : IP65 屋内設置

接液部

<接続部材質>
5種類から選択:PP(ポリプロピレン) / NP(アクリル) / PV(PVDF) / SS(SUS316) / TT(PTFE/カーボン)

<接続口径>
多くのホース径に対応(4×9、6×11 他)し配管接続・フランジ接続も可能

<高粘度薬液対応>
最大 3,000 mPa・s(cp)までの高粘度薬液に対応 ※特殊バルブ(PVT4型)のみ

駆動部

独自のソレノイド制御で、ストロークスピードを吸込側・吐出側で個別に設定が可能。
吸込モードで4パターン、吐出パターンで5パターンの選択が可能で、高粘度液・揮発性液の薬注や低脈動薬注など、用途や液性に応じた最適な運転に対応します。

<外部信号運転>
パルス信号 ・ アナログ信号 ・ リモートON/OFF 運転に対応

<各種異常検知>
圧力異常、ガスロック、アナログ信号入力異常を検知
接点出力式フローモニタや、定量ポンプ専用流量計「ダルコフロー」との接続が可能

<タイマー運転>
曜日・時刻での自動運転の設定が可能

型式仕様

ポンプサイズ 最大
吐出圧
(MPa)
最大吐出量 ストローク数
(spm)
標準ホース / SS
(mm)
吸込揚程
(m)
消費電力 質量(kg)
(ml/min) (L/h) 樹脂/SS
標準 1602 1.6 38.3 2.3 200 4×6 / φ6 6 25W 3.7 / 5.0
1604 1.6 60.0 3.6 200 4×6 / φ6 6 25W 3.7 / 5.0
0708 0.7 126.0 7.6 200 5×8 / φ8 6 25W 3.7 / 5.0
1009 1.0 150.0 9.0 200 5×8 / φ8 6 30W 5.2 / 7.0
0414 0.4 225.0 13.5 200 5×8 / φ8 3 25W 3.7 / 5.0
0715 0.7 241.0 14.5 200 5×8 / φ8 4 30W 5.2 / 7.0
0220 0.2 328.0 19.7 200 9×12 / φ12 2 25W 3.7 / 5.0
0424 0.4 400.0 24.0 200 9×12 / φ12 3 30W 5.2 / 7.0
0245 0.2 750.0 45.0 200 9×12 / φ12 2 30W 5.2 / 7.0
高圧用 2002 2.0 34.0 2.05 200 – / φ6 6 25W 3.7 / 5.0
2504 2.5 63.0 3.8 200 – / φ6 6 30W 5.2 / 7.0

<ダイヤフラム破損検知>
稼働中にダイヤフラム破損が起こった場合に、液漏れを検知しポンプ運転を停止

<リレー出力>
警報リレー : ポンプの不良や薬液タンクの液面低下などの異常発生時に無電圧の接点信号を出力
ペーシングリレー : ダイヤフラムのストローク毎に無電圧の接点信号を出力

紹介動画

技術相談サービス

各種製品、サービスに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

0120-961-212

受付時間:平日9時~12時、13時~17時30分
FAXでのご相談は、06-6301-3390(技術部直通)までお願いします。

ろ過材及び水処理装置に関する質問は担当者不在の場合、
折り返し連絡させて頂く場合がありますのでご了承下さい