資料請求・お問い合わせ

製品紹介

Product Introduction

ラジカルライトUC3・SC3(除フミン質色度ろ過材)

フミン質色度を除去するために開発された特殊ろ過材です。水中において次亜塩素酸ナトリウムなどの酸化剤が存在することで触媒として働き、強い酸化力を持つO-ラジカルを発生させ、これがフミン質中の発色団及び助色団の結合を切断することで色度を減少させております。

特長

フミン質色度を除去するために開発された特殊ろ過材です。水中において次亜塩素酸ナトリウムなどの酸化剤が存在することで触媒として働き、強い酸化力を持つO-ラジカルを発生させ、これがフミン質中の発色団及び助色団の結合を切断することで色度を減少させております。

●汚泥が発生しません。
●日常のメンテナンスが容易。
●共存するマンガンイオンも同時に除去できます。
●既設装置にも容易に対応できます。
●逆洗頻度を少なくできます。
●基本的に一年毎の補充で性能が維持できます。

仕様

製品名 UC3 SC3
粒度 0.3~0.65mm 0.3~0.65mm
含有率75%以上 含有率75%以上
外観 黒色/粒状
母体 セラミックスS セラミックスS
見掛密度 1.4~1.5g/cm3 1.0~1.2g/cm3
色素除去レベル

荷姿

包装単位:UC3 PE袋(20L入)、フレキシブルコンテナバック(0.6m3入)
包装単位:SC3 PE袋(20L入)、フレキシブルコンテナバック(0.8m3入)
※ご要望によりパレット積みもいたします。

ご注文の際は、仕様・数量・荷姿・パレットの有無をご指定ください。

まめ知識

フミン質色度とは?

井戸水や河川水には、通常の浄水処理(凝集沈殿やろ過・除鉄・除マンガン)を行っても除去することが難しいフミン質に起因する色度が多くみられます。フミン質とは土壌中の暗褐色有機物の総称で、太古の植物成分等が微生物により分解されることが原因とされており、森林国である日本では全国各地で多く確認されております。フミン質による着色物質の大きさは数nmで比較的高い分子量を有する有機物ですが、物理ろ過では除去することが難しく、また酸化分解するためには非常に強い酸化力が必要です。

水道水質基準で定められている色度は5度以下です。
フミン質色度は日本全国に見られますが、特に関東・東北・北海道地域で見られる色度8度以上の原水や水質変動が懸念される場合には【ラジカルライトUC3】のご使用を推奨いたします。
若干の原水色度の除去(例えば2~3度低減する)ことを目的とする場合には【ラジカルライトSC3】をお使いください。
なお、ろ過材の選定や除去能力の確認には実証試験を行うことをお奨めします。選定などのご相談は弊社までお問い合わせいただきますようお願い申し上げます。
※ラジカルライトUC3/SC3は染色廃水など人工的な色素を除去するものではありません。

技術相談サービス

各種製品、サービスに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

0120-961-212

受付時間:平日9時~12時、13時~17時30分
FAXでのご相談は、06-6301-3390(技術部直通)までお願いします。

ろ過材及び水処理装置に関する質問は担当者不在の場合、
折り返し連絡させて頂く場合がありますのでご了承下さい