資料請求・お問い合わせ

製品紹介

Product Introduction

超精密膜(SMF)ネイキッドタイプ

浄水用の浸漬膜としてだけでなく、排水処理として注目を集めるMBR(膜分離活性汚泥法)としても使用できる中空糸膜モジュールです。

特長

1. 設置規模が小さく省スペース
20m3/モジュールと膜面積が大きく、設備全体を小さくすることができます。

2. 処理水量増加に対応
浸漬膜装置はモジュールを追加導入することで容易に処理水量の増量に対応できます。

3. 安定した処理水質
河川の降雨時の原水水質悪化や、排水処理時の沈降不良(バルキング)となった場合でも、安定した処理水質を確保できます。

4. 水のリサイクルが可能
公称孔径0.05μmのPVDF膜により清澄な処理水が得られ、雑用水として直接利用できます。

5. さまざまなシーンの濃縮回収に対応
レアメタルなどの高付加商材を濃縮回収、ろ過逆洗水のSS濃縮などにも利用できます。

用途

物理処理

・雨時に原水濁度が急激に高くなる河川を水源とする浄水施設
・ろ過機の逆洗排水を濃縮・回収することによる水回収率の向上
・既存浄水施設の水質改善
・雑排水などの排水リサイクル

MBR
・増産に伴う排水量増加への対応
・バルキング対策や処理水質向上
・既存排水施設の水質改善
・中水としての再利用

 

 

仕様

製品仕様

型式 SMF-PVDF-N20
膜材質 PVDF
公称口径 0.05μm
膜面積 20m2/モジュール
目安処理水量 浸漬膜としての使用の場合 0.66~0.83m3/h
MBRとしての使用の場合 0.25~0.33m3/h
目安原水水質 用水 原水濃度800~1,000mg/L
排水 MLSS 8,000~10,000mg/L
性状 ろ過方式 吸引ろ過
膜形状 中空糸状(キャピラリー型)
ハウジング材質 ABS
カセット寸法 620㎜ × 1530㎜
カセット質量 (Dry) 10kg (Wet) 20kg
使用条件 運転圧力 (推奨) -35kPa以上
水温 5~40℃
pH 3~11

※油分やシリコン系消泡剤は膜を閉塞させる恐れがありますのでご注意ください。

処理フロー

物理処理

処理水量 100 m3/d (4.1 m3/h) 500 m3/d (20.8 m3/h) 1000 m3/d (41.6 m3/h)
膜構成 3モジュール × 2ユニット 15モジュール × 2ユニット 15モジュール × 4ユニット
総膜面積 120 m2 600 m2 1200 m2
水槽概略寸法 1400 × 1050 × 2900H 3100 × 1400 × 3100H 3100 × 2300 × 3850H

 

洗浄項目 頻度(参考)
逆洗 1回/30分
次亜CEB 1回/週
次亜CIP 1回/月
酸CIP 1回/2ヶ月
※原水性状や運転状況により頻度は増減します。

MBR

処理水量 100 m3/d (4.1 m3/h) 500 m3/d (20.8 m3/h) 1000 m3/d (41.6 m3/h)
膜構成 4モジュール × 4ユニット 18モジュール × 4ユニット 24モジュール × 6ユニット
総膜面積 320 m2 1440 m2 2880 m2
水槽概略寸法 4200 × 1900 × 2650H 5900 × 2950 × 2650H 8600 × 3550 × 2650H

 

洗浄項目 頻度(参考)
逆洗 1回/0.5-1日
次亜CEB 1回/3-7日
次亜CIP 1回/1-2週間
酸CIP 1回/2-4週間
※原水性状や運転状況により頻度は増減します。

技術相談サービス

各種製品、サービスに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

ろ過材及び水処理装置に関する質問は折り返し連絡させて頂く場合が
ありますのでご了承下さい。

0120-961-212

受付時間:平日9時~12時、13時~17時30分
FAXでのご相談は、06-6301-3390(技術部直通)までお願いします。