資料請求・お問い合わせ

技術情報・便利ツール

Technical information

活性炭による遊離残留塩素除去

活性炭による残留塩素を除去するメカニズムを説明します。
残留塩素は有機物と異なり、活性炭に吸着されるだけではなく、塩素イオンまで分解されてしまいます。そのため、一見すると永久的に処理できるように見えますが、下の図のように活性炭が酸化されてしまうため、活性炭が全て酸化されてしまうとその効果が失われます。ただし活性炭の比表面積は数千m2もあり、吸着と異なり短期間でその効果が失われることはありません。

①残留塩素(HClOなど)が活性炭に接触する。
②残留塩素が水素イオン、塩素イオンに分解される。その際、活性炭表面が酸化されてしまう。

残留塩素の除去では、図の様に活性炭表面が酸化され、経時的に劣化していきます。そのため強度の高いTA-30Nの使用を推奨させて頂いています。

一覧にもどる

技術相談サービス

各種製品、サービスに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

ろ過材及び水処理装置に関する質問は折り返し連絡させて頂く場合が
ありますのでご了承下さい。

0120-961-212

受付時間:平日9時~12時、13時~17時30分
FAXでのご相談は、06-6301-3390(技術部直通)までお願いします。