資料請求・お問い合わせ

技術情報・便利ツール

Technical information

線速度(LV)

線速度(LV)とは、単位時間あたりにろ過塔の断面積を通過する水の速度で流量をろ過塔の断面積で割ることで計算されます。ここで用いられる単位時間とは浄水場など大型施設では1日あたり(○○m/d)、また中小規模の圧力式ろ過塔では1時間あたり(△△m/h)として表現されることが多いのが特徴です。ろ過装置の設計で線速度(LV)は、単層ろ過や複層ろ過といった物理ろ過装置の設計に用いられます。線速度(LV)のみで設計を行う場合にはろ過材の最小積高を0.6m以上として設計する事を推奨いたします。

LVの設定は、ソフト設計者により行われます。数値を大きくすることで装置がコンパクトとなりコストダウンにつながりますが、速すぎると十分な処理が行われなくなるため慎重な設計が必要となります。
河川水や工業用水、浅井戸では水質の変動する幅が大きく、また高速では管壁からリークする量が多くなるため、標準的にLV10~15m/hとして設計されることが多く見られます。

一覧にもどる

技術相談サービス

各種製品、サービスに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

ろ過材及び水処理装置に関する質問は折り返し連絡させて頂く場合が
ありますのでご了承下さい。

0120-961-212

受付時間:平日9時~12時、13時~17時30分
FAXでのご相談は、06-6301-3390(技術部直通)までお願いします。