資料請求・お問い合わせ

納入事例

Cases

二酸化塩素による臭気低減 【ベロゾン】

ユーザー
四国地区 水産加工会社
使用製品
ベロゾンCDKシリーズ(ClO2発生量:8-12,000g/h)
ベロゾンCDLシリーズ(ClO2発生量:0-120g/h)
ベロゾンCDVシリーズ(ClO2発生量:1-2,000g/h)
概要
魚の加工工場で問題となる臭気を抑制するために二酸化塩素を利用した設備。次亜塩素酸ナトリウムに比べて格段の効果を発揮している。
カテゴリ
ユニット装置

お客様からの課題・ご要望

リサイクル工程で発生する臭気による、工場内の環境や周辺環境への影響を少なくしたい。 既存の脱臭スクラバー塔を利用しながら、効率良く臭気を低減したい。 排水処理設備大量の容量もあるため、大量の水を使用するのも困難。

トーケミのご提案

臭気の原因は、魚由来のジメチルアミンが分解されて生じる「トリメチルアミン」。効果的な殺菌剤である「二酸化塩素水」を現地で生成させながら注入させる装置を試験導入。 さらにスクラバー塔内の循環水のpHコントロール装置を設置し、8か月間ご評価いただいた。 【評価点】 ・問題となりやすい夏場でも、工場内の臭気が問題にならない数値まで低減。 ・以前まで使用していた殺菌剤(次亜塩素酸ソーダ)に比べて薬品コストが35%削減 ・以前には見られていたミネラル分の付着やバイオフィルム(雑菌の繁殖)がなくなり、メンテナンスコストも削減できた。 ≪二酸化塩素のメリット≫ ・強力な酸化剤として働き、臭気成分である「硫化物」や「トリメチルアミン」を効率的に分解。 殺菌効果も持続するため、塔内が清潔な状態で保たれる。 ・pHの値によって効果は低下しない ・トリハロメタンの発生がない

ユニット装置のその他の事例

技術相談サービス

各種製品、サービスに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

0120-961-212

受付時間:平日9時~12時、13時~17時30分
FAXでのご相談は、06-6301-3390(技術部直通)までお願いします。

ろ過材及び水処理装置に関する質問は担当者不在の場合、
折り返し連絡させて頂く場合がありますのでご了承下さい